« 生活保護費を半額にせよ | トップページ | 米国は、さらに国家犯罪を繰り返すのか »

2012年6月11日 (月)

一人ぼっちの日本の将来は??

経済的には日米欧などと言われ、日本はアメリカと同等に扱われ、欧州と対峙する。政治的には一人ぼっちである。国連ではその他大勢で本会議での一票の権限しかないのに、アメリカに次ぐ国連分担金を払わされている。同じ敗戦国でもドイツは欧州の仲間入りしただけでなく、今やドイツなくしてEUは成り立たないほどになった。一方、日本は中国をはじめとするアジアの中で孤児となっている。ドイツ在住の評論家、クライン孝子氏は自身のブログで「ドイツはアデナウアーを始め、政治家がしっかりしていたから周辺国との戦後処理は終わった。日本は政治家がアホだから、今だに戦後から抜けられない」とノタマッタ。意義あり、「ドイツは、周辺国はすべてローマ帝国の末裔で民主的国家である。ナチスに全責任を負わせればみんな納得する。日本は、周辺国はすべて民主国家ではない。しかも、日米どちらに真の責任があるか分からないが、昭和天皇が退位すると言う責任も取っていない。戦後が終らないのは日本の政治家の資質だけにあるのではない。このような周辺環境に大半の原因がある」。最近見たネットではクライン孝子氏は私の意義を「その通り」と認めていたらしい。

だが、なぜ日本はいつも世界で一人ぼっちなのだろう。国連でも、G7G20G20、でも一人ぼっち。経済が悪くても、なぜか円だけは高い。中国はBRICSや上海機構など、新興勢力を味方につけている。なぜ日本だけが一人ぼっちなのか、という疑問は解けなかった。最近「文明の衝突」なる本を読んでみた。その中に、回答が記されていた。

著者、ハンチントンは、文明史でいうと現在、世界の文明は次のように分類される。すなわち、西欧(欧米)、アフリカ、中国、ヒンズー、イスラム、日本、ラテンアメリカ、東方正教会(ロシア)、の8文明を挙げている。日本は小さいながら4,5世紀に中国から独立し、もう一つの文明になったという。

一般に一つの文明は数カ国を含んでいる。日本だけが一国一文明である、という。文明が違う国は一緒になれない。トルコはEUに加入したい。だが、EUは西欧キリスト教文明にイスラム文明の国は入れてくれない。オーストラリアはアジア圏に入りたい。東アジアは中国と華僑が握っている中国文明である。アジアはオーストラリアを加入させない。同じ理由で文明の異なる日本は東アジアに入れない。第2次大戦、大東亜の夢はそもそも文明論では無理であったのか。

そして、ハンチントンは「社会も文明も独特な日本は、東アジアとの経済的な関係を発展させる上で困難に直面し、アメリカやヨーロッパとの経済の違いに対処するうえでも苦労している。日本がどれほど強固な貿易・投資関係を東アジア諸国との間に結んだとしても、東アジア諸国とは文化が異なり、中国系が多くを占める経済界のエリート層とはとりわけ異なっている以上、NAFTAや欧州連合に匹敵する地域的な経済グループを日本主導でつくることはできない。同時に、日本は欧米とも文化的に異なるため、アメリカやヨーロッパとの経済関係にもお互いに誤解や敵意が募っている。***文化的に孤立している日本は、今後は経済的にも孤立していくかもしれない。」と主張する。

いま、アメリカは力でTPPを推し進め、文明の違う諸国を集めて自国の経済を立て直そうとしている。経済破綻した韓国はIMFの救済を受け入れた。つまり、アメリカの論理を受け入れたのだ。そしてアメリカモデルの経済になった。少数の富裕層が支配する契約社会である。格差社会が出現し、いままたISD条項で苦しんでいる(FTAにもISD条項が入っているのかは不明)。IMFTPPもアメリカが牛耳る。法律を作っても裁判員はアメリカで物理的に罰を執行できるのはアメリカである。「アメリカの国家犯罪全書」に詳細があるように、アメリカを法律で縛る事はできないのだ。

アメリカは経済復興に向けてシェールガス採掘技術が向上し、ガスから作る石油でエネルギーを賄う方向に進んでいる。その安い石油を、アメリカモデルを導入した韓国には輸出するが、TPPに入らなければ日本には高い石油になると脅してくると言う。これがアメリカの言う自由主義、資本主義、民主主義、だ。

さて日本はどうする。

戦後アメリカは自民党独裁を支援するためにCIAは自民党に多額のお金を渡していた、と「アメリカの国家犯罪全書」に書いてある。日本の長期政権は佐藤、中曽根、小泉、みんなアメリカと仲良し政権だ。外交の軸足をアジアにシフトさせようとすればすぐに政権は崩壊し、短期政権になる。

日本文明を守るか、アメリカ文化に染まるか。それとも中国文明に近づいて東アジア圏に入るか。

中国は華僑が進出してアジアに中国文明を広めていった。イスラム圏は拡大し続ける。日本は山田長政のタイに日本文明を作りかけた??アメリカや中南米にも移民した。しかし、日本人は移民した国で日本文明を守らず、その国に同化した。フジモリは大統領にまでなったが、日本文明は育っていない。敗戦後、日本人は進出した満洲やアジアからみんな引き返した。そこに留まって日本文化を根付かせることはなかった。だから今日、日本文明は日本一国のみ。世界の孤児となっている。

文明論的に世界を見るとこうなるのだそうである。かなり納得できるように思える。

さて日本はどうする。

8つの文明の中で、アフリカとラテンアメリカは核兵器を持つ能力がない。技術も経済もその能力があるのに核兵器を持っていないのは日本文明だけである。武力なくして日本文明は守れるか。文明構成因子として重要な言語(日本語)、宗教(仏教)はどうなる。

アマノジャク氏の見解は後ほど聞くことにしよう。

|

« 生活保護費を半額にせよ | トップページ | 米国は、さらに国家犯罪を繰り返すのか »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人ぼっちの日本の将来は??:

« 生活保護費を半額にせよ | トップページ | 米国は、さらに国家犯罪を繰り返すのか »