« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

テロ・暗殺の高まる日本

国会審議を見ていると、現在の日本の政治情勢は非常に危険である。昭和の時代ならばすぐにでも暗殺の危険性がある状態である。つまり、国会は官邸の独裁で、与野党の審議は完全にストップしている。安倍内閣は完全に審議拒否をしている。森友・加計問題アタリから自民・公明の与党は安倍総理を何が何でも守り通す、という一念で人事面権を握って官僚を完全に掌握し、NHKにも人事権を乱用して情報を管理し、民間放送や新聞などメディアにも圧力をかけて独裁制を強めてきた。

そのメディアは国会審議での野党の行動に対しても「政府が説明責任を果たさないのも悪いが、野党の質問も悪い。もっと大事な質問があるではないか」と喧嘩両成敗のような発言をしている。問題は政府がまともな議論をしない。総理の責任を何としても逃れるためには絶対に質問をはぐらかしてまともな返事はしない、ことに徹底しているからだ。与党は完全にすべての議員が陣笠議員になってしまった。

隠ぺいとは何か。その定義を回答し、事実はその定義に合致しても尚、「合致しているが隠ぺいとは認められない」。こんなチン問答があるか。国語のテストに合格するか。

今や日本には左翼、デモもなければ学生運動もなくなった。では右翼はあるか。街宣車も見られなくなった。左右の暴力がなくなって、日本は良くなったか。暴力は悪だ。学校でもスポーツの世界でも養護施設などでも、なんでもどんな小さいことでも暴力はダメだ。

こんなことで政治ができるか。権力者にとってはこれほど良い環境はない。

小室直樹はソ連の崩壊を予告した。その解析方法を日本に適用して日本では革命は起こらないと言った。三権分立、財閥がない、大富豪もいない、政治権力も分散している。こんな状態では革命は起きない。

ところがいま安倍、菅による官邸が絶大なる権力を握った。自民党議員はグーの音も出ない。

小室直樹の革命の条件が日本で揃ってしまった。昭和の人間が居たら、確実にテロや暗殺の危険が高まっていただろう。幸いなことに現在の人間は親が子を、子を親が、殺し合い、志を持った人は、デモもやらなくなった。フランスはまだ元気が良い。さすがである。

中国や北朝鮮の人権など行っていられる場合ではなくなった。わが日本で、平和国家日本で独裁者が現れた。これは国民の問題である。選挙制度があるのに正常に機能していないのだ。

大丈夫か日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

この国は亡びる

今後10年以内に日本は滅びゆく兆しが始まるんではないか。東南海大地震が起きる確率と大差ないように思える。今なお書店には日本復活、の本が立ち並ぶ。甘い希望的観測だ。なぜそう考えるか。

安倍内閣による民主主義崩壊の推進だ。国民は知ってか知らずか、この自公政権に支持を与え続けている。多くの啓蒙的書籍があるにもかかわらず、安倍政権の言論統制によって、テレビなどのマスコミは真実を伝えていない。野党もまた万年野党化して、国会での不毛な議論で時間を潰している。もう国会はすでに死んでいる。どんな質問をしても安倍内閣は何も答えない。記者質問も制限している。こんな先進国はない。中国やソ連と同じレベルになった。

最近のテレビでも、解説者は

「統計調査不正、選挙に響かず」と宣っている。何故か、は言わない。国会でも、テレビでも、「おかしい」「いかんである」「誤解を与えたとすれば謝罪する」「調査中なので回答を差し控えさせていただく」など、議論の場では使えない言葉が横行して、何の進展もない。これを見て、テレビを見ている世代は何の反応も示さない。

内閣の不正、官僚の不正、忖度という官邸の指示、何があっても国民は自民党支持を変えない。統計調査不正は年金不正と同じ規模の不正である。にもかかわらず国民は動かない。今や国民は何にも反応しなくなった。

沖縄だけが頑張っているが本土国民は冷ややかである。野党も何の反応も示さない。

森友・加計問題も、もう終わったものと国民は考えているのか。朝日新聞は310日の新聞で森友問題を総括している。これは平成の総括として扱っているが、新聞を読まない人間には届かない。テレビのワイドショウしか見ない国民には届かない。これくらいならば直ぐに癇癪を起こす安倍総理も黙っているだろう。追及されてあれほど真っ黒な財務省、通産省、国交省、官邸。これでも国民は動かない。財務省の文書改ざんも「私の記憶では***なかった」で済まされた。言外に認めたということだ。それでも選挙に響かず。野党が分裂して、投票すべき政党がないならば、とにかく自民・公明以外の政党に投票すればよい。そうすればたとえ与党議員が多数でも国民の支持を得たとは言えなくなる。

アメフト問題は警察調査では責任なし、不起訴。

今や国民は何にも反応を示さなくなった。

どんどん日本の民主主義は衰退していく。国民は鈍感である。

アベノミクスは破綻して、ドントン財政は悪くなっていく。

安倍内閣の言論規制、説明責任はゼロ。外務大臣も内閣も記者質問は受け付けない。河野太郎は河野一族の中では最低の知能だ。これが一番大事な外交を司る外務大臣だ。

安倍総理と河野外務大臣、勝手に外交をやっているように感ずる。外交政策で政府は意見が一致しているのか疑わしい。

国会議論は政府が質問にまともに答えないため議論が成り立たない。

こんな状態は見たことがない。

やがて日銀は破綻し、国土は外国資本に買い取られ、優秀な日本の保険制度は外国人労働者、移民に使い尽くされていく。

それでも神国日本は滅びない、と信じてノホホンとしている日本人。後20年もすれば日本は確実に先進国から脱落するだろう。いや、10年後かも知れない。

野党は何をしているのか。

国会が機能していないのだ。野に下って国会に各委員会に出席していない議員はすべて遊説に出かけるべきだ。それとも遊説で国民に訴える政策も政府与党の追及もないというのだろうか。街頭演説がなくなった。共産党でさえ街頭に立たなくなった。

もうこの国は終わったようだ。

それでも書店には「実は世界一の日本経済」などという本が並んでいることだろう。

藤巻氏の言うように、日銀が破たんする前に財産をドルか仮想通貨に切り替えるとするか。

スーパーインフレは間もなく始まるだろう。一兆円以上の赤字国債は正常な経済発展では回復しない。私のような経済音痴の人間でもスーパーインフレしか方策はない、と考える。藤巻氏のようなプロでも同じことを主張されている。

さあ、皆さん考えよう。私は国外に逃げるより、天国へ逃げる方が早くなりそうだが子供や孫が心配だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

不法中国人をなぜ取り締まらないのだ、日本警察は

増える外国人観光客、でも迷惑なのはほとんど中国人。今日もテレビで放送している。春節で大挙やってきた中国人。入ってはいけないところにもどんどん入る。舞妓さんも仕事ができない。中国人は日本に居る中国人留学生が不法な白タクをして、一方通行の道を逆走している。なぜ警察は逆走車に違反切符を切らないのだ。日本が汚れても金さえ出せば逮捕しないのか。中国のように賄賂の横行する日本になってもいいのか。

規則はあっても取り締まって罰則を課さない限りは法治国家ではない。大きな声を出したり、暴力で実力行使したり、わいろのお金をちらつかせたりすれば正義が引っ込む日本になってしまったか。だから、中国人や韓国人が日本で不法を働くのだ。なんでもいいから捕まえろ。それから交渉が始まる。

日本の排他的水域で不法に魚を捕る中国、韓国、北朝鮮の漁船、日本の海上保安庁の監視船、放水などで追いかけるだけ。なぜ捕獲しないのだ。韓国は李承晩ラインでどれだけ日本漁船を拿捕したか。ロシアは今も日本漁船を拿捕している。その都度、どれだけ日本は損害を被ったか。

安倍総理は日本を守る、日本人の財産を守る、という。口先だけで何もしない。本気で日本を守る気があるなら、日本海の北朝鮮漁船を拿捕して見ろ。それもできないから拉致された日本人も帰ってこないのだ。必要なら一人くらい死んでも構わない。それを国民に納得させるのも政治家の責任だ。一人でも犠牲者を出さない、などと考えているなら政治家を辞めろ。

自由を守るためには戦争も辞さない覚悟がなければ自由は守れない。

テレビも中国人の不法を報じない。TBSは春節で日本に大量にやってくる外国人、京都で

外国人による迷惑行為が止まらない。なぜ中国人と言わないのだ。はっきりと言ったらどうだ。

何も中国人がみんな不法者なのではない。日本に来て日本の規則を守らない中国人、何者であろうと罰則を課すことにより、規則を守るようになるのだ。警察は毅然とした態度で粛々と仕事をすればよい。安倍総理も自民党も粛々と仕事をするのは得意ではないか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »