« 「献灯使」  なんだこれは! | トップページ | 天皇のわがまま:象徴天皇論 »

2019年3月24日 (日)

小林よしのりはバカか???

眞子様の結婚騒動について意見を求められた小林よしのりは、ある週刊誌で「ダメなところのある人を好きになってどこが悪い。皇族だからと言って世間が結婚に反対するのは人権侵害だ」と述べたという。彼は何か勘違いしていないか。

小林よしのりはあれだけの本を書きまくり、常識はわきまえている御仁だろう。ならば権利には義務も付いていることはしっかり認識しているはずだ。眞子様の結婚にだれも反対しているのではない。そのためには義務を果たせと言っている。眞子様に誰でも好きな人と結婚する権利はある。と同じように両親である秋篠宮には逆に反対する権利がある。お互いの権利が衝突したときには一般人の解決方法は、両親は娘を勘当する。娘は夜逃げする(眞子様には失礼な言い方だが、他に良い言葉が浮かばない)。すなわち、経済関係を断絶すればいいことだろう。

小林よしのり氏が眞子様の側に立って、結婚する権利を主張したいならば、夜逃げを勧めるべきだ。夜逃げして両親との関係を断ち、彼の居るアメリカに行って彼と一緒に生計を立てればよい。誰も反対しないであろう。親の言うことに反発して家を出る。自立するということだ。経済的に独立する。それはできないことではない。例え好きな人が無職であっても。

今はSNSの時代である。二人の幸せを願う人は沢山いるだろう。「眞子様夫妻を守る会基金」でも立ち上げてみたらどうか。小林よしのり氏はその理事長に就任したらよい。そうすれば、どこぞの富豪は有り余るお金をバラ撒いているではないか。宇宙旅行に使いたいと言っているではないか。そこから寄付をもらえばよい。でなければその会社に就職させてもらえばよい。自分たちの生計は自分たちで考える。これならば誰も文句を言わないであろう。

生計の成り立たない人と結婚して、その付けを皇室予算、すなわち国民の税金、で払わされてはたまらない。私の周りではみんなそう考えている。国民の皇室に対する信頼が揺らぐことになろう。これまでの経緯を考えれば、小室親子は結婚すれば皇室予算を当てにすることができる、と考えているのではないか。とみんなが危惧しているのだ。だからこそ秋篠宮は世間を(国民を)納得できる条件を作れ、と言っているのだ。

そんなことにも考えが及ばない眞子様なのか、とみんなが心配しているのだ。

小林よしのり先生よ。あなたに良識があるならばそれくらいのことは進言してもいいのではないか。

下々の者は、親と対立したときは経済的な独立を考える。大人になるまでの面倒は見てもらった。これからは独立する。だから俺の人生に口出しするな、と言って離れていく。

皇女は人間であって人間でない。選挙権もないのは国民でないということだろう。その人が国民と同じ権利を主張したいならば、国民としての義務も果たさなければならない。

福沢諭吉は「天は人の上に人を造らず」と言ったという。彼は間違っていた。いや、言葉が足りなかった。天皇は人の上にいたのだ。日本国民は天皇の下に平等の世界を築いてきた国だったのだ。

のではないのかなー

みんなは皇室を慮って、陰でヒソヒソ、本音を話す。メディアも本音はオブラートに包んで話す。日本もここまで成熟した社会を築いてきたのだ。英国王室のように忌憚のない意見を言ってもいいではないか。象徴としての天皇、この努力によって日本の制度は安定しているではないか。

|

« 「献灯使」  なんだこれは! | トップページ | 天皇のわがまま:象徴天皇論 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「献灯使」  なんだこれは! | トップページ | 天皇のわがまま:象徴天皇論 »