« あーあー 宮城の旗の波 令和の世紀:憲法改正 | トップページ | N国党の戦略は稚拙。NHKの料金徴収は憲法違反 »

2019年8月 3日 (土)

やはり朝日は反日新聞か

TBSの昼の番組で、あの国際弁護士は思わず言った、「あんな記事を書くのは韓国の2紙と朝日新聞だ、反日3羽ガラス」と。恵はたまらず、「まあまあ」と。

朝日新聞の社説でも、現在の日韓関係打開のために、日本がとったホワイト国から除外、という措置はよくなかった、とまず述べて、次に韓国も反日運動を少しやめて、関係正常化に努力すべきだ、という。

これが日本の新聞か。現在の日韓関係に至ったのはすべて韓国の文政権の行動に起因することは日本国民ならばみんな知っているはずだ。原因をそのままにして、ここから外交が始まるような議論をするとは、完全に昔使われた「売国奴」だ。

日本の対応で日本も大きな損害を被っている、と反日運動にエールを送っている。「もう少し頑張れば日本は降参する」と反日運動を助けている。

韓国が条約破棄などという非常識な外交をするのは日本には4大新聞の一つ、朝日新聞が韓国の味方をするからだ。つまり日本には分裂する要素がある、と考えるからである。

朝日は第2次大戦以後、アジアには何を言われても謝る、「贖罪文化」がある。この価値観を共有しているのは「九条の会」と政党では「立件民主党」ではないか。それでもさすがに枝野は「韓国のホワイト国除外」には賛成していたようだ。もう、政党として韓国に味方する態度はとれないところに来ている。

それにもかかわらず、朝日は気が狂ったような論説を書いている。

徳川幕府の「日米不平等条約」でも、撤廃するのに何十年もかかった。中国も香港返還まで100年、みんな不満があっても条約は守っているのである。しかるに韓国は勝手に条約を変更して、日本に損害を与えている。こんな近代国家は世界にないだろう。勝手に破棄すれば戦争になる。いま、日韓関係はもう戦争状態にある。政府は大使を帰国させるべきではないか。政治もわからず、ディール、ディール、と叫んでいるトランプを信用してはならない。

朝日新聞に抗議しても始まらない。朝日の反日思想はそんなことでは止まらない。

|

« あーあー 宮城の旗の波 令和の世紀:憲法改正 | トップページ | N国党の戦略は稚拙。NHKの料金徴収は憲法違反 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あーあー 宮城の旗の波 令和の世紀:憲法改正 | トップページ | N国党の戦略は稚拙。NHKの料金徴収は憲法違反 »