« 表現の不自由展:大浦信行氏に問う | トップページ | 安倍総理は本当にバカか:日本崩壊寸前 »

2019年10月25日 (金)

東京オリンピック:開催返上を!!

IOCはマラソンと競歩の会場を札幌に決定。理由は気温が高すぎるとか。

 

世界陸上でマラソンの途中棄権者が多かったことから、来年の東京の気温を考慮した、とある。そもそもスポーツ競技はどんな条件でも行われる。同じ条件が原則だ。気温が高ければそれに対応しなければならない。メキシコは2000m。高地訓練が行われた。気温が高ければゆっくり走ればよい。世界陸上はなぜあの地で、あの季節で行われたのか。当日の天候はその日にならなければわからない。選手が条件も考えずに走ったからだ。馬鹿なのだ。登山なら死んでもおかしくない。

 

来年8月の東京の気温が高いかどうかなど予測はできても今からわかるはずがない。巨大台風が来るかもしれない。北海道が大雨かもしれない。巨大地震があるかもしれない。プロ野球もラグビーも大雨になれば当日中止になる。その日にならなければ天候はわからない。高温多湿が予想されたらそれに対処するのが選手の力量だ。初めから飛び出して倒れたらその選手が馬鹿なのだ。

 

IOCの決定はそのまま受けるわけにはいかないだろう。そもそもオリンピックはすでに金まみれ、もはや健全なスポーツ大会ではない。東大合格は金次第、金メダルも金次第。貧乏国の金メダルはない。アマチュアスポーツの殿堂だったオリンピックはプロの参加する場となった。参加種目もだんだん増えて、一つの都市では開催できなくなった。もう日本では開催できなくなっていたのだ。今の規模で開催できるところは米国と中国くらいしかないだろう。それぞれのスポーツに世界大会がある。もうオリンピックなど必要ないのだ。みんなが集まるスポーツの祭典にしたかったら、うんどうかいにすればいい。このことはすでにブログに書いた気がする。

 

こんなオリンピックを東京に持ってきた責任はJOC,石原、猪瀬の両東京都知事の責任だ。

 

IOCが高温多湿が選手に与える影響を心配するくらいなら、そもそも東京での8月開催など決定するはずはない。お金の問題だ。スポンサーの問題だ。高温多湿より、台風や梅雨明けの豪雨の心配をしたらどうか。巨大台風が来たら中止するのか。

 

東日本大震災の復興、と銘打ってオリンピックを招致したJOCよ、今年の台風被害は東日本大震災よりも被害が大きい。もはや日本はオリンピックなどやっていられる環境にない。特に1次産業は壊滅である。安倍総理よ、東日本大震 のときは民主党政権だから災害が起きる、と批判していたのではなかったか。今、自民党政権だから大災害が頻繁に起きる、と言われたらどうするか。オリンピックなどやっている暇があるのか。

 

これは良いチャンスだ、オリンピック開催返上を提案せよ。今なら、アメリカが引き受けるか、分割開催が間に合うだろう。高温多湿よりも、台風や豪雨の確率のほうが高い。

 

小池知事の手腕に期待しよう。また出しゃばってきたシンキロウ君には引っ込んでもらおう。

 

 

|

« 表現の不自由展:大浦信行氏に問う | トップページ | 安倍総理は本当にバカか:日本崩壊寸前 »

スポーツ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表現の不自由展:大浦信行氏に問う | トップページ | 安倍総理は本当にバカか:日本崩壊寸前 »