« 公務員は10万円の対象外(橋下)」は大正解 | トップページ | 科学的根拠のない緊急事態宣言延長と解除の日程:ただ唖然!! »

2020年4月23日 (木)

マスクはそんなに必要か

コロナ感染防止用としてマスクが重用され、マスク不足、買い占め、価格の高騰、マスク詐欺、などの社会問題が起こっている。でも、待て!そんな区マスクが必要か。

私は、寝るときに口を開け、鼾をかくらしく、のどが乾燥する。そこでマスクをして寝る。マスクは一か月も同じものを使う。

花粉症の人、マスクは毎日新しくする必要があるか。毎日同じものを着るのは貧乏人臭い、おしゃれのために毎日服装を替える。マスクも替える。

コロナは違う。感染防止だ、というだろう。でもどんな効果があるのか。毎日おなじMyマスクで何がいけない。一般のマスクは、菌は通さないがウイルスは通すという。ならば何のためにするのか。唾などによる感染防止だという。マスクは毎日同じマスクを使っても効果は同じだろう。ウイルスは付いていても自分の体に接触する部分は、もともと自分のものだ。何がいけないか。長時間つけていると効果はなくなるのか。

専門家は毎日マスクを交換する人と、何日も同じマスクをする(Myマスク)をする人で感染の度合いがどれだけ違うか実験したことがあるのか。同じマスクを着けていた時間で感染する確率がどう変わるか、調べたことがあるのか。そんなデータは見たことがない。

私は今は外出用に一枚のマスク、就寝ように一枚、と2枚のマスクを持っている。それで十分だ。

皆さんはもっと自分で考えて行動をしたらどうでしょう。毎日マスクを変える必要があるか。同じものが気分が悪ければ、数枚のマスクを自分用に持ち、使いまわせばいい。マスクに着いたウイルスは何日も生き延びてはいない。Myマスクを使いまわせばよい。もしそれが感染につながると言うのであればその根拠を示すべきだ。

世の中の常識、自分で考えてみよう。

私の常識:

スギ花粉は都会病。黄色い鼻汁を垂れていた昔の子供は杉の木と一緒に暮らしていた。虫下しの薬を飲んだり。環境汚染と腸内細菌の問題だ。

O-157などは腸内細菌の浄化のやりすぎだ。

つまり、自然界は天敵がいて成り立っている。人間の腸内にはたくさんの細菌がいる。衛生環境がよくなって人間の都合の良いように腸内細菌の浄化が行われてきた。O-157やノロウイルスなどは腸内雑菌が浄化され、天敵がなくなった(少なくなった)ために出てきた。つまり最近の子供たちは無菌状態で育つ子供が多いからだ。抗体ではなく、天敵を殺してはいけない。。

もっと雑菌を多く持つ子供を育てよう。野原で遊びまわる子供に育てよう。蜂に刺されても、ブヨや蚊に刺されてもホオッテおけ、そうすれば抗体ができる。

これが私の持論だ。長い都会生活で、子供のころにため込んだいろんな抗体が効かなくなってきた。これから新たに抗体を作り出すのは至難の業だ。人生最後にコロナ抗体でも造ってみたい。

|

« 公務員は10万円の対象外(橋下)」は大正解 | トップページ | 科学的根拠のない緊急事態宣言延長と解除の日程:ただ唖然!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公務員は10万円の対象外(橋下)」は大正解 | トップページ | 科学的根拠のない緊急事態宣言延長と解除の日程:ただ唖然!! »