« 科学的根拠のない緊急事態宣言延長と解除の日程:ただ唖然!! | トップページ | 不気味な公明党:着々と権力に近づく »

2020年5月 8日 (金)

「江川紹子の報ステ批判」にひとこと

江川紹子がツイッターでつぶやいた、という記事があった。(58日):

 

ジャーナリストの江川紹子氏(61)が7日夜、自身のツイッターでテレビ朝日系「報道ステーション」の報道姿勢に疑問を呈した。

 

***

 

「ドイツや台湾、アイスランド、フィンランド、デンマーク、ノルウェーなど女性リーダーの国がコロナ抑え込みに成功している」などといった主張を展開した。

 

ちなみに、女性がリーダーを務める国の人口100万人あたりの死亡数は、6日現在で台湾が0・25人と圧倒的に少ないが、ニュージーランドは4・16人と日本の4・22人とほぼ同じ。その他、ドイツが85・2人、デンマークが89・7人、フィンランドが44・6人、ノルウェー40・5人、アイスランドが27・4人となっており江川氏の指摘通り「報道ステーション」のフェニミズムを前面に出した主張には無理があると言わざるを得ない。

 

***

 

 

 

江川氏はここで何を言わんとしているのか。フェミニズムへの批判か、報ステは報道番組なのに、朝日の主張に沿ったデータしか報道しない、偏向番組だという批判か。

 

この批判に自民党フアンは喜んで反応しているようである。安倍支持層かも知れない。

 

私は合点がいかない。報道とはそういうものだ。報道番組といえども自ずからそこには主張がある。事実だけ伝えていても、自分たちが何を取り上げるかは報道側が決定する。どこのテレビもおんなじだ。だから、評論家はいくつかの報道発信元を見る必要があるのである。

 

久米宏のときは良かった、本当か。久米宏だって反対者から見れば偏向していた。

 

事実はいくつかの放送局を見ていれば視聴者は分る。むしろ、主張のない番組は空疎である。

 

コロナに関していえば、どこのテレビもPCR検査数が日本だけなぜ少ない。この回答として厚生省や政府の言い訳ばかり報道している。各コメンテーターもなぜ「政府がやる気がないからだ」と直接話法で安倍内閣を攻撃しないのか。安倍政権が続く限り、日本はコロナで沈没するだろう。政権を無視して各知事が立ち上がればうまく行くかもしれないが。

 

フェミニズムのような報ステの報道内容は、「安倍内閣ではコロナの終息はできない」「小池都知事の方がいいのではないか」とやんわりと政権批判をしているのではないか。

 

国民は不甲斐ない安倍政権にうんざりして、イライラしている。面と向かってテレビや新聞などマスコミが安倍内閣にNOを突きつけないことに国民はいらいらしているのだ。

 

いつも冷静な江川紹子さん、あなたも朝日の嫌いな安倍総理に少しエールを送っているのではないでしょうね。記者質問で当ててもらうために

 

 

|

« 科学的根拠のない緊急事態宣言延長と解除の日程:ただ唖然!! | トップページ | 不気味な公明党:着々と権力に近づく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 科学的根拠のない緊急事態宣言延長と解除の日程:ただ唖然!! | トップページ | 不気味な公明党:着々と権力に近づく »