« 不気味な公明党:着々と権力に近づく | トップページ | 沖縄をコロナから救え!野党は何してるのだ! »

2020年6月 5日 (金)

東京五輪、中止決定を早く出せ!

IOCは、もう延期はない、という。当然である。これに対して日本はまだ未練がましく「延期はない」という合意はまだないと言っている。

日本のコロナ対策の躓きは習近平訪日中の中止決定を早く出さなかったことと、東京五輪の延期(または中止)を早く出さなかったことが原因である。これが決まるまで日本は動けなかった。

これに懲りずにまだ2021年開催をあきらめていない。ではもうコロナは撲滅で来たのか。ならば、もうスペイン風邪のような第2波はない、と宣言すべきだ。第2波を怖がっている段階で2021年開催などありえない。このままではまた来年になって同じことを繰り返す。もう2度と同じ規模の経済対策はとりえない。日本だけ沈静化しても五輪はできない。世界の国から参加できなければできないのだ。

五輪などすっぱりあきらめて、コロナ退治と経済復興に専念せよ。五輪中止して、世界にコロナ撲滅と経済復興を呼びかけよう。

日本の皆さん、ジャパン・ファーストではないのですか。スポーツ・ファーストですか。五輪はスポーツ選手のためにあるのではありません。金メダルはそんなに重要ですか。4年たったらまた五輪は来るのです。コロナ退治が成功していなかったらスポーツもありません。

これを機会にオリンピックを改革してはどうですか。なんでもオリンピック。このまま行けばすべてのスポーツ、アートも、数学能力も皆オリンピック種目になってしまいます。

オリンピックとは何ですか。金メダルとは何ですか。世界陸上にも、なんで金メダルがあるのですか。IOCの商業主義。開催日も決められない開催国。巨大化したIOCとその利権。アマチュアリズムはなくなり、プロの世界です。強さは経済力で決まります。

ほぼすべてのオリンピック種目は世界大会を持っています。毎年、種目別にランクが決まります。五輪は4年に一回、五輪の金メダルは強い人ではなく、「ウン」で決まります。

もう都市開催はできません。あまりにも大きくなって、一つの都市では開催できません。一つの国でも怪しいでしょう。国または複数国でしか開催できないでしょう。

コロナを良い機会にして、次回開催までにオリンピックの見直しをしてはどうですか。それを日本が提唱するのです。そして日本がアテネになって、何年後かに第一回の新オリンピックを日本で開催したらどうですか。発想の転換をしましょう。

|

« 不気味な公明党:着々と権力に近づく | トップページ | 沖縄をコロナから救え!野党は何してるのだ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不気味な公明党:着々と権力に近づく | トップページ | 沖縄をコロナから救え!野党は何してるのだ! »