« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月27日 (月)

「日本の原爆」著者に問う

太平洋戦争で米国は日本に2個の原爆を投下した。では敗戦国の日本やドイツでの原発製造はどうなっていたか。アメリカ側から見た「なぜ、ナチスは原爆製造に失敗したか」「成功していた日本の原爆実験」は以前に読んでみた。そこで日本人が書いた日本の原爆製造の本を読んでみた。著者の保阪正泰の集大成ともいうべきこの本は興味深く私にとっても関係者の中に武谷三男や坂田民雄の名前があって、身近に感じた。

ところで、米国側の調書から成る「成功していた日本の原爆実験」という本には以下の記述がある。(以前に読んだ本で手元にないので正確ではないかもしれないが)

***

私のめもによると:

アメリカ側の調査によると日本領の朝鮮で原爆製造が試みられ、初歩の実験があった。

北朝鮮興南市、日本軍が1945年に原爆実験をやった場所。

ここには豊富な電力(水力発電)があった。

野口遵:日本窒素、旭化成、積水化学工業、積水ハウス、の創業者。興南市に巨大水力発電を作り、ウランの抽出、精製、などで日本軍に協力し、原爆製造に関与した。

ドイツからウランを購入(ただし日本には届かなかった)

日本の敗戦後、日本の原爆製造の技術を重く見て、ソ連軍が侵入し、米軍に回収されないうちに日本軍の原爆に使用した設備をすべて回収した。これが南北朝鮮の分画の原因になった、というような印象だった。

***

そこで保阪正泰氏に問いたいのだ。朝鮮におけるこのような原爆製造実験については何も語られていない。日本本土で行われたものでないから省いたのか。それとも米軍側の調査は間違っていたのか。この本は参考文献の中に見出せなかったが読んでいないのか。

東京裁判で仁科芳雄が不利にならないように配慮したのか。ハイゼンベルグがナチスの責任をを負わなかったように。

日本の原爆製造の全容を解明するのであれば、朝鮮を舞台にした原爆製造に関する記述も必要だ、と思われるのだが。確か、仁科芳雄博士もそこに足を運んだと書いてあったような気がしたが。

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

医療機関の充実こそが最良のコロナ対策だ:GO-TO予算を医療に

メディアは連日感染者数を発表し、第2波だと騒ぐ。なんと低レベルの国民だ。日本の最大の欠点は忖度だ。政府をもっと突き上げないと本当に沈没する。

日本は健康に敏感な国だ。医療体制も一流国だ、と自負していたのではないか。これが全くウソだった。

PCR検査体制も世界で最低だ。半年過ぎても一日の検査は1万人程度だ。欧米や南米でも感染者は何十万人もいる。ということはそれ以上のPCR検査が行われたということだ。つまり日本の検査体制は世界の最低レベルだということだ。

感染者数、死亡数が少なく、日本は安全な国だと豪語した大臣もいた。でもPCR検査数は明らかな数字で示されることはなかった。感染者数、死亡数が少ないことが日本の安全神話になっている。いくらメディアが検査数を増やせと言っても国も東京都も絶対に応じない。医療体制の崩壊を恐れているのは明らかである。

経済も大切だ、と言って国民一人当たり10万円、GO TO キャンペーンで予定されている予算はいくらになるのか。これらは医療体制(PCR検査体制、感染者隔離体制、重傷者の医療施設、など)が十分であれば不要な政策だ。GO TOなど、感染しても医療体制が整っていれば国民はそんなに心配しなくてもよいから旅行に出かけるよ。現に割引などいいから自由に自分の責任で旅行させてくれ、という人もいるではないか。

海外との交通もそうである。空港での検査体制、量的な体制ができていればそんなに心配は必要ない。PCR検査の絶対数、隔離施設の絶対数が足りるならばそんなに問題ではない。

初期のころから、医療施設にマスクや医療器具の配布を怠った。国民にマスクを配布する以前に医療従事者に優先的に回さなければならない。中国に騙されて日本に確保していたマスクや医療器具を送ってやったお人よしの政治家(小池都知事、二階幹事長などは国賊である)。いま、大学病院を含む多くの病院が赤字で経営困難になっている。看護士は通常のボーナスももらえない事態が生じている。今からでも遅くない。GO TOの予算を医療機関に振り向けよ。医療体制の崩壊や日本国家の崩壊を防ぐために。もう安倍政権は崩壊している。国民やメディアが立ち上がらないと取り返しができなくなるだろう。

国民一人10万円、公務員は何も収入が減っていないのだ。不要な支出であった。

感染者の隔離:地方自治体には余剰の建物、整理すれば使える建物はいくらでもあるはずである。武漢のように突貫工事で作る必要はない。一つの市で1000人くらいは確保できるはずだ。もし、ないとすれば緊急事態を想定しない地方政治の怠慢である。

コロナは正に政治家の無能をさらけ出した。こんな体制でも五輪はやりたい、などとよく言えたものである。

結論:GO TOの予算を医療機関に振り向けよ。看護士の給与、看護士の充足。空港などのPCR体制。日本はどうやってもPCR検査を増やせないほどの貧乏国になったのか。

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

沖縄をコロナから救え!野党は何してるのだ!

沖縄の米軍基地からコロナ感染者が続出している。知事は情報を開示せよ、と一人で頑張っている。米国の隷属国家日本の政府は、何の文句も言わない。特にトランプの愛人になっている安倍総理は何も言えない。

こんな時こそ野党の出番ではないか。立憲民主、国民民主、共産党、その他の野党、何を黙っているのだ。米軍は基地から出るな、兵士やその家族を基地内に閉じ込めろ、となぜ発言しない。政府をなぜ突き上げないのだ。

安倍政権や自民党のスキャンダルしか興味がないのか。女おおかみ、蓮舫さん、その鋭い舌鋒で「沖縄を米軍コロナから守れ、政府は何してる」と叫ばないのだ。

叫んでいるけど新聞やテレビで報じられていないのか。

米軍のコロナは沖縄だけではない。すぐに日本全国基地の町には拡散してくるよ。

玉城知事は野党の支持で当選したのではないのか。なぜ困っているときに応援しないのだ。

野党、特に旧民主党諸君よ!君たちには政策はないのか。外交政策はないのか。与党のスキャンダルしか追及することはないのか。対韓国、対中国、対米国、対ロシア、近隣諸国との外交をどうするか、君たちには政策はないのか。

アナ悲し、日本の野党は木偶の坊、国会すぎれば昼寝する。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »