« 日本のコロナ・ワクチンは「Go-To」です」 | トップページ | 自民党は日本および日本国民の安全を守ってきたか »

2020年8月27日 (木)

COVID-19はWHOの責任

SARS2002-11)、MERS2012)のコロナウイルス発生はWHOの適切な判断、処置で世界に蔓延することは防ぐことができた。COVID-19はなぜ世界蔓延を防げなかったのか。と世界の研究者は疑問を持っている、と言われている。

ネットで調べてみると原因が分かった。世界的な組織は人事がしっかり決められている。国連は事務局長の任期、常任理事国、議長や事務局長の出身国、など。WHOはその組織がしっかりしているようには見えない。事務局長はSARSのときはノルウェー、MERSのときは香港である。香港の後を継いだのが現在のテドロス(エチオピア)だ。中国は香港のときにWHOの活用方法を考えたのだろう。世界制覇を考えている習近平だ。打倒米国に燃えている。なんでも使えるものは利用する。

COVID-19の世界的蔓延は中国に操作されたテドロス事務局長の責任であることが判明している。WHOから発生原因の調査に派遣された研究者は北京に缶詰めにされ、武漢やその周辺にも行けなかった。何のための調査か。WHOは事務局長のワンマン組織なのか。ワンマンが可能である組織であることを前事務局長(香港人)のときに学んだのだろう。だから、エチオピアに多額の資金援助をし、エチオピア人を事務局長に押した。

今や全くテドロスは習近平の操り人形だ。WHOで働く職員や関係する研究者はこれらについて何も発言しない。科学者ではないのか。中国のカネに目がくらんでいるのか。

中国には宗教はない。宗教的モラルはないらしい。強いて言えば共産主義という宗教だ。具体的には「お金主義」だという。自由よりも「お金」が大事である。世界も、特に貧乏国は金で操ることができる、と考える。自由を愛する民主主義が中国の「お金主義」に圧倒されつつある。自由主義陣営の中でドイツが中国に甘い気がする。これが気になる。メルケルのせいか。ドイツはソ連(共産主義)との共存に気を使ってきた。日本は中国(共産主義)に気を遣う。ドイツも日本も隣に強大な共産主義国家を持っている。ロシアはアジアではない。西欧民主主義と長く付き合っている。中国はロシアとは違う。欧米はもっと中国を知らなければならない。中国は妥協する民主主義を取ることはない。有史以来の帝国主義である。対中国包囲網が成功して、自由を愛する中国になるにはまだまだ時間がかかるだろう。

|

« 日本のコロナ・ワクチンは「Go-To」です」 | トップページ | 自民党は日本および日本国民の安全を守ってきたか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のコロナ・ワクチンは「Go-To」です」 | トップページ | 自民党は日本および日本国民の安全を守ってきたか »