« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月24日 (木)

「1984年」それぞれの読み方

一読してみて、これが何を言わんとしているのか、さっぱりわからなかった。なんでこの本をみんなが称賛するのか。分かりにくさは、敵対するオセアニア、ユーラシア、イースタシアの実態が分からないことだ。解説ではオセアニア(英米連合)ユーラシア(ソ連)イースタシア(日本を含むアジア)と言うことらしい。小説の舞台はオセアニアだけである。行われている政治体制はユーラシア(ソ連)の独裁体制である。オセアニアの未来(1984年)はユーラシアのようになるぞ、というのか。

読み進んでいくと、舞台になっているオセアニアの現状はソ連ではなスターリンのソ連ではなく現在の中国、習近平の中国そのものだ。私の知るスターリンは反対者の思想改造にはそんなに重視していない。習近平の中国は逮捕監禁してこの本のように拷問を加え、人権をずたずたに壊してから、2+2=5を叩き込み、開放している。オブライエンがウインストンを徹底的に拷問にかけ2+2=5を認めさせ世に放つ。

習近平の中国は現在、チベット族から彼らの宗教(仏教)を奪い、ダライ・ラマを放逐し、新しいダライ・ラマを作り出す。

キリスト教の司祭もバチカンを力で屈服させ、中国承認の司祭しか認めない。

ウイグル族から彼らの宗教(イスラム教)をはく奪し、逮捕監禁して中国共産党思想を叩き込む。彼らの2+2=5を叩き込む。内モンゴル人からモンゴル語を奪い、モンゴルの宗教、文化をことごとく破壊する。そのうちに香港も台湾も2+2=5を叩き込まれるだろう。世界が何もしなければ。

今や科学が進み、小説では架空の人民監視装置「テレスクリン」は現実のものとなり、中国人民はすべて番号で個人情報が管理されている。もう少しすれば世界の人民の個人情報も盗んでデータベース化するかもしれない。

中国はチベット、ウイグル、内モンゴルの鉱物資源をすべて中国のものにするために絶対に手放すことはない。

オセアニアがユーラシアになってしまう。

私は「1984年」を読んで地球の未来は「オセアニアがユーラシアになってしまう」ように習近平が「ビッグ・ブラザー」になってしまうぞ、と警告しているものと理解した。

 

一つの本を読んでも読者はそれぞれ違うことを考える。

モンゴルの友人からメールが届いた。

「内モンゴル人を救うために米国議会に請願の署名をしてくれ」と。

2+2=5を叩き込まれるのはごめんだ。

と。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

菅内閣の外交が怪しい。大丈夫か

新内閣が誕生した。テレビなどの期待度が大きい。みんな何を見ているのだろう。安倍総理が病気のため、潔く辞めた。ということらしい。菅新総理がたたき上げで、実行力がある、と自己宣伝を政治音痴の大衆を煽っている自民党にテレビなどが無批判に報道しているからだ。安倍内閣の下で、官僚の人事を支配し、マスコミ批判して民主主義から恐怖政治に導いた張本人が菅官房長官だった。国内政治はこれで改革が進むかはもう少し様子見が必要だろうが、年内解散に進むようなら国内政治も怪しくなるだろう。

さて、問題は日本外交である。

総理の発言の中で外交はほとんど考慮されていないように思えた。いま、世界は中国問題で揺れている。安倍前総理はことあるごとに民主党政権で対中外交が破壊されたと叫んでいた。尖閣諸島問題で菅内閣は致命的失態を演じた、と。では自民党内閣で何かやったのか。安倍内閣の下で今もなお中国艦船が日本の領海に侵入してきている。日本は一応抗議する。抗議だけならサルでもできる。沖縄で尖閣周辺で安全に漁業ができるように周辺を測量させてほしいと国に請願しているが、国は何もしてくれない、との報道もあった。民主党政権と違った取り組みはできたのか。何も変わっていない。

トランプに寄り添って、恐る恐る香港問題などで抗議している程度だ。習近平主席の国賓扱いでの訪日をコロナがあっても中止しなかった。これが日本でのコロナ感染の原点だった。今や中国の膨張政策、人権問題は世界が無視できない段階に来ている。トランプの掛け声の影響もあってかEUも豪州、NZも対中政策を転換してきている。日本は何をしているのだろう。香港問題では発言しているが内モンゴル問題では何の発言も見えない。香港人の人権は重視するが、ウイグル人、モンゴル人の人権はどうでもいいのか。

安倍内閣ではトランプとの関係もあって対中関係で見直しがされつつあったように思ったが菅政権では怪しい。原因は二階幹事長である。中国通とか言って、習近平の前でペコペコ頭を下げて、二階は習近平の下部か。対等だというなら胸を張って小さい背丈を高くして会談してみたらどうか。また、二階幹事長は韓国通でもあるという。韓国にもにこにこと頭を下げて日韓関係改善などと出かけていくつもりか。

今度の内閣では二階幹事長が大きな権限を握りそうだという。

菅総理の外交方針はまだ私の耳には入ってきていない。米政権も二階幹事長の個人名を出して、日本には親中派が居ることに警戒感を示していた。

日本の外交は大丈夫か。

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

自民党は日本および日本国民の安全を守ってきたか

安倍総理が辞任することを公表し、次の総理選出の選挙をやっている。辞任表明で内閣の支持率が上がったという。「やれやれやっと安倍内閣が倒れた」と喜んで支持されたのかと思ったら、そうではないらしい。

自民党と野党の違いは何か。安倍政権は国内的にはことごとく民主主義を破壊して人気がなかった。外交を通じた日本の安全を守る、というところで野党とは決定的な差がある。ということで支持されてきた。野党には外交、安全に関する政策もなく、中国や韓国を支持する輩もいる。こんな政党に国政を任されるか。ということで自民党が比較優位でかろうじて政権を担当してきた。

だが待てよ。自民党は本当に日本の安全に貢献してきたか。自衛隊の武器だけ莫大な予算を使って、何の役にも立っていない。法律があっても全く実行していない。

「竹島問題」日本の領土に韓国人が侵入してきて居座った。自衛隊の問題ではない。警察が不法侵入で逮捕しなければならない。実際は抗議したりして、負け犬の遠吠えである。

漁業問題:日本の水域での不法漁業について、何も取り締まってはいない。なぜ、拿捕しないのか。ソ連(ロシア)も、韓国も李承晩ラインを勝手に宣言して日本漁船を拿捕した。今、中国は勝手に国境線を作り、東シナ海、南シナ海で漁船拿捕に乗り出している。

長年続いた自民党政権、軍事費だけ「日本の安全を守るために必要」とか言って莫大な予算を付けて、それを使って何一つ国民の安全を守ったためしがない。

問題は自衛隊に関することだけではない。日本国内にいる外国人、特に中国人に多いが、例えば最近では不法にカニを取っているとか。「ニホンゴワカリマセン」で放置してはならない。身近なところでたくさんの不法行為が行われている。これは何も外国人に対してだけではない。一般の日本人が迷惑をこうむっていることが沢山ある。日本の警察は優しすぎるのではないか。堤未果ではないが、日本の国土、財産が不法に外国人に売られている。民主党政権では国が守れない、と安倍総理はことあるごとに民主党政権を批判してきた。その安倍政権、トランプの言うままに莫大な防衛予算を提供してきた。しかし、基地の問題も地位協定も拉致問題も何一つ解決せず、かえって悪くなってきている。次期総理の確率が高いという菅官房長官、頑なに辺野古基地にこだわり、沖縄県民の意志を無視している。こんな人が総理になって日本の安全が守れるのか。

菅官房長官は安倍総理より独裁権力を発揮するだろう。官僚支配、言論支配が強まることは覚悟しておいた方がよい。安倍内閣は独裁制を使って、国会無視、審議せず、説明せず、で法案を通したが、それで日本の安全、国民の安全は確保されたか。

日本のメディアはもう菅官房長官の総理を予定して早くも「よいしょ」の大合唱である。私の見るところ独裁志向は安倍よりも強い。それで日本の安全、国民の安全が守られる方向に行くのであれば歓迎できるかもしれない。

野党よ!日本国民の安全を守る政策を公表せよ。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »